2007年02月22日

KABA.ちゃんのウェブログ

KABA.ちゃん
(カバちゃん、本名:椛島 永次(かばしま えいじ)、1969年6月19日 - )

福岡県柳川市生まれ
日本の振付師、タレント。

血液型はA型。
熊本県立熊本北高等学校中退。
慶應義塾大学環境情報学部卒業。
アンセム所属。


高校を中退後、ダンサーを目指し単身上京。
しかし、世界トップレベルで学びたいとニューヨークへのダンス留学を決意。
ハイスクールに通いながらハリウッドスターも通う一流ダンス教室で学ぶ。
この時、同居男性に600万円を貢ぐものの相手に香港人の彼氏ができてしまう。

安室の小室哲哉初期のヒット曲の殆どや、2003年に発売されたSMAPの曲『世界に一つだけの花』の振付を担当。

dos時代、話すとついオカマのキャラクターが出てしまうため、事務所サイドから緘口令を敷かれていたという。
そのため『笑っていいとも!』の名物コーナー「テレフォンショッキング」にも、他の2人のメンバーは出演したが、
本人だけ「風邪」という理由で欠席したほど。

2001年に、BSフジで放送された『鈴木あみのアイドルダウンロードショー』では本名の椛島永次でゲスト出演。
出演アイドルに振り付けを教える企画で、アイドルにオネエ言葉で厳しく指導するシーンが放送され、
すでにオカマキャラ(女は嫌)の片鱗を見せつけた。

『踊る!さんま御殿!!』などのバラエティ番組にてゲイであることをカミングアウトし、
以降『笑っていいとも!』など、バラエティに次々と進出。

2004年7月7日に、女性タレントの千秋とのデュエットCD『つらいね赤ちゃん!/最近ハヤリのメイク歌』を
「千秋 with KABA.ちゃん」のアーティストネームでリリースした。
「最近〜」は、アニメ『とっとこハム太郎』のエンディング曲になっていたが、
ハム太郎のファンサイトでは評判が悪かったらしい。

本人曰く、好きな芸能人は乙葉。
彼女が藤井隆と結婚した後も乙葉のファンを熱心に続ける。

現在は振り付け師、タレント活動の他、to be candidateというゲイだけのユニットに携わっており、
プロデューサーとしてメンバー達を育成中である。

オカマキャラの割りには自称「イケメン振り付け師」であり、
賢いイケメンをイメージした「イケメンダンス」や、棒を使って光栄を意味する「光栄のダンス」を披露した時もある。

以前、現在お笑い芸人であるマイケルにダンスを教えていた。
当時、マイケルに本気で恋してしまい告白。
その後KABA.ちゃんは、マイケルに対する態度を豹変、スパルタ指導を繰り返したという(後に和解したらしい)。

母親は放浪癖があり何度も家出している。
とある全国ネットの番組の実家訪問コーナーでKABA.ちゃんの実家が放映された際に
KABA.ちゃんはいつもの陽気な感じで兄弟や父親を紹介するも、
KABA.ちゃん本人が撮影するホームビデオに母が映ったのは一瞬であり、現在でもかなりの確執があると思われる。

所属事務所アンセムの公式ブログには、
以前レイザーラモンHGとのツーショットが掲載されていた。

中日ドラゴンズの投手、佐藤充が「カバちゃん」と呼ばれるほどに自分に似ていることについて、
2006年6月21日付の中日スポーツの一面で
「自分も(佐藤投手が自分に)似ていると思っていた。佐藤投手には一度お会いしてお話したい」と語り、
交流戦での彼の活躍を称えるとともに佐藤投手にエールを贈った。


☆KABA.ちゃんのKABAR GIRL☆


posted by タレントウェブログ調査隊 at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。