2007年05月09日

ケンドーコバヤシのウェブログ

ケンドーコバヤシ
ケンドーコバヤシ
(1972年7月4日 - )

吉本興業所属。
本名小林友治(こばやしともはる)。
福井県福井市生まれ。大阪市育ち。

通称ケンコバ、コバ、ケンドー。
大阪NSC11期生。
大阪市立中野中学校→初芝富田林高校卒。

「松口VS小林」、「モストデンジャラスコンビ」と、
2度のコンビ解散を経てピン芸人に。

コンビ時代はツッコミにドロップキック等のプロレス技を用いたり、
ネタを言いながら互いにプロレス技を掛け合うと言った物。
その後はbaseよしもとやうめだ花月を中心に、テレビ、ラジオで活躍。

2007年2月21日放送の「明石家さんちゃんねる」にて、
構成作家の勝木友香に本気でお付き合いをしてほしいと告白。
しかし、勝木友香は自身のブログで「あくまでお笑い」と説明、
またコバヤシの芸風がウソと妄想であることに加えて、この時にはすでにコバヤシに彼女がいたため、
これらはあくまで番組上のネタ。

オールザッツ漫才2003、2004、2005のいずれ年も、
司会を務めていた若槻千夏に対して、セクハラ的いじりをネタで行なっている。

なお2006では、若槻千夏・陣内智則と審査員席でのトーク中に、
「さっきあまりに暇だったんで、千夏ちゃんの衣装を目に焼き付けて、
楽屋でキットカット見ながらシコシコしましたよ。」と発言
(当時、キットカットのCM出演女性の衣装と、その時の若槻の衣装が似ていたため)。

かなりのM。
彼女が男役、コバヤシがブラジャーとパンティを身に付けて女役になりきり、
彼女から無理やりやられるというプレーをしていた。

大喜利が得意で、バッファロー吾郎主催のダイナマイト関西ではいつも上位に食い込み、優勝経験もある。

声優の木内秀信は、自他共に認めるほど容姿が似ている。


大ケンドーコバヤシの大日記


posted by タレントウェブログ調査隊 at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。