2007年05月10日

なだぎ武のウェブログ

なだぎ武
なだぎ武
(なだぎたけし)

ザ・プラン9(ナイン)のメンバー。
ちなみに、ザ・プラン9は、5人組お笑いタレント。
吉本興業大阪本社所属。

1970年10月9日生まれ、大阪府堺市出身、
A型。
身長172cm。

本名・灘儀武。
大阪NSC8期生。

1989年8月に同期の松村博司と「スミス夫人」結成。
コンビ当時は「自分の顔をプリントしたTシャツを着て現れる」などといった
変人キャラを演じる松村に対してなだぎが容赦なくツッコミを入れるが、
松村はそれ無視するかのように延々とボケ続けるというスタイルのコントが多かった。
シュールで奇天烈なキャラの松村とマシンガンのようなツッコミを繰り出すなだぎのコントラストが受け、
一部のファンから絶賛されていたが、2001年に解散。

ザ・プラン9メンバーの中で、最年長かつ最も芸歴が長い。

加入当初はナギナギオという芸名で活動していたが
2005年6月、なだぎ武に改名。

BON JOVIのファンで、PVを撮ったことがある。

ビバリーヒルズ高校白書の大ファン、
最近はその登場人物を模したディラン・マッケイというキャラクターに扮し、
人気を獲得している。

必ず自転車に乗って登場し、不必要に脚をピンと伸ばして降り、
「今停めている、そうだ停めているんだ、あぁ、確かに停めた。」のひとくだりがあった後、
舞台のセンターに立つのがお約束。

「R-1ぐらんぷり2007」で優勝。

2006年12月19日に友近との熱愛が週刊誌に報じられた。
交際は両人とも認め合っていて、よくバラエティー番組で共演する。

イメージカラーはオレンジ。

視力が悪く、コンタクトレンズを使用している。


ザ・プラン9 なだぎ武のblog 「オノマトペア」


posted by タレントウェブログ調査隊 at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年05月09日

ケンドーコバヤシのウェブログ

ケンドーコバヤシ
ケンドーコバヤシ
(1972年7月4日 - )

吉本興業所属。
本名小林友治(こばやしともはる)。
福井県福井市生まれ。大阪市育ち。

通称ケンコバ、コバ、ケンドー。
大阪NSC11期生。
大阪市立中野中学校→初芝富田林高校卒。

「松口VS小林」、「モストデンジャラスコンビ」と、
2度のコンビ解散を経てピン芸人に。

コンビ時代はツッコミにドロップキック等のプロレス技を用いたり、
ネタを言いながら互いにプロレス技を掛け合うと言った物。
その後はbaseよしもとやうめだ花月を中心に、テレビ、ラジオで活躍。

2007年2月21日放送の「明石家さんちゃんねる」にて、
構成作家の勝木友香に本気でお付き合いをしてほしいと告白。
しかし、勝木友香は自身のブログで「あくまでお笑い」と説明、
またコバヤシの芸風がウソと妄想であることに加えて、この時にはすでにコバヤシに彼女がいたため、
これらはあくまで番組上のネタ。

オールザッツ漫才2003、2004、2005のいずれ年も、
司会を務めていた若槻千夏に対して、セクハラ的いじりをネタで行なっている。

なお2006では、若槻千夏・陣内智則と審査員席でのトーク中に、
「さっきあまりに暇だったんで、千夏ちゃんの衣装を目に焼き付けて、
楽屋でキットカット見ながらシコシコしましたよ。」と発言
(当時、キットカットのCM出演女性の衣装と、その時の若槻の衣装が似ていたため)。

かなりのM。
彼女が男役、コバヤシがブラジャーとパンティを身に付けて女役になりきり、
彼女から無理やりやられるというプレーをしていた。

大喜利が得意で、バッファロー吾郎主催のダイナマイト関西ではいつも上位に食い込み、優勝経験もある。

声優の木内秀信は、自他共に認めるほど容姿が似ている。


大ケンドーコバヤシの大日記
posted by タレントウェブログ調査隊 at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年05月05日

タカ(タカアンドトシ)のウェブログ

タカアンドトシ
タカ(タカアンドトシ)

北海道出身の漫才コンビ。
1994年5月に結成、
吉本興業札幌事務所(札幌吉本)からデビュー。
北海道で活動した後、2001年に上京、吉本興業東京本社の所属となる。
正統派しゃべくり漫才。
略称「タカトシ」

札幌時代のコンビ名の表記は「タカ&トシ」で、
2001年の東京進出の際に「&」を「アンド」に変更した。

タカ
(本名:鈴木 崇大(すずき たかひろ)1976年4月3日 - )
ボケ担当。
北海道札幌市出身。


中学時代にコンビを組む。
コンビを組む切っ掛けとなったのは、タカが通っていた中学校にトシが転校してきたことから。
お互いに違う高校に進学するも、週末にはお互いの家でネタ作りを続けアマチュアとして活動。
高校3年生の時に吉本興業札幌事務所主催のオーディションを受け、本格的にプロとして活動を始める。
(吉本では次長課長などNSC13期がほぼ同期にあたる)

「欧米か!」のフレーズで有名。

平成18年4月〜9月に放送された東海テレビの「音楽魂!」において、初のMCに挑戦した。

東京進出後の初冠番組は、2006年10月から放送開始の
ラジオ「火曜JUNK2 タカアンドトシのケチャケチャラジオ 」(TBSラジオより全国ネット放送)。

サッカーアース(日本テレビ)でキー局での初メインMC。
2007年4月から放送の「 タカアンドトシの音楽魂か!」(東海テレビ放送) 、
「タカアンドトシのどぉーだ!」(北海道文化放送)はテレビにおける初の冠番組となる。


タカアンドトシ・タカ「グッときタカ」
posted by タレントウェブログ調査隊 at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年05月01日

西野亮廣のウェブログ

西野亮廣
西野亮廣
(にしのあきひろ、1980年7月3日 - )

吉本興業所属。

キングコングのツッコミ担当。
兵庫県川西市出身。
県立川西緑台高校卒。
血液型O型。
身長173cm、体重57kg。

三国志の『諸葛亮(しょかつりょう)』から「亮」という字をとった。
父親が大の三国志好きで、賢い子になるように、と付けた。

1999年コンビ結成。
主にネタ作りを担当。
NSCに22期生として入ったときは、「グリングリン」というコンビを組みボケを担当していた。

『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』や『大キングコング 情熱!しゃべり隊!!』の舞台イラストを手掛けている。

自他共に認めるナルシストでもあるが、チャラチャラした風に見られることを嫌い、
髪を染めたり長く伸ばしたがらない。
相方の梶原が髪を伸ばしていることにも、嫌がっている。

新山千春の大ファンと思われがちだが、
実際は個人的に好きな芸能人4人を四天王と称しており、その中の1人が新山千春である。
その他は、山口智子、加藤あい、上野樹里であり、新山千春を加えた4人が西野的四天王である。

四人兄弟の三番目だが、姉がいる為次男。

愛車は日産シーマ(Y33型)。
ボディカラーは黒。

バッグは仕事場へは基本的に持参しないが、収録の合間にジョギングをするため、
ジャージとTシャツを入れたバッグを持参することもある。


キングコング西野のコラム「西野公論」
posted by タレントウェブログ調査隊 at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年04月29日

品川祐のウェブログ

品川祐
品川祐
(しながわ ひろし、本名:片岡祐 - かたおか ひろし、1972年4月26日 - )

吉本興業所属。
相方は庄司智春。
173.6cm。
A型。

母親は、美容家で国際魅力学会会長のマダム路子(品川路子)。
父親は、山野グループの株式会社ヤマノ代表取締役社長山野凱章(2007年3月10日死去、享年68歳)。
祖母は、山野愛子。
美容家山野愛子ジェーンは従姉。

まだ幼いころに両親が離婚し、母親に引き取られたため父と会ったのは高校入学時。
その後もほとんど会う事は無かった。

長姉はヘアスタイリスト。
次姉はシナリオライター・エッセイスト。
兄は映像プロデューサー。
祐は次男で末っ子。

2007年3月、母が俳優の片岡五郎と再婚。

東京都渋谷区出身。

子供時代は渋谷区で国語が2位である程頭が良かった。
志学館中学校(現志学館中等部)在学中、不良漫画に憧れ公立である狛江市立第三中学校に転学。
東京都立足立西高等学校中退。

高校中退後、フリーターとなる。

東京都生まれの東京都育ちだが、長いフリーター時代に広島に1年間住む。
その後、23歳で東京吉本総合芸能学院(東京NSC)に入る。
同校第1期生である。
同期の庄司智春と1995年にコンビ結成。

NSC時代、庄司とコンビを組む前は「ツープラトン」というコンビを組んでいた。



「ドロップ」2006年8月10日発行 
執筆活動でのペンネームは「品川ヒロシ」

信濃川ヒロシと言う少年の中学から高校への話。
品川の過去をもとに書いた青春小説。


品川庄司 品川祐blog
posted by タレントウェブログ調査隊 at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年04月26日

IZAMのウェブログ

IZAM
IZAM
(イザム、1972年4月23日生まれ )

本名は日根良和(ひねよしかず)。
東京都府中市出身。
東京都立松が谷高等学校卒業。

父が元国鉄スワローズ投手の日根 紘三(ひね こうぞう、現在印刷所経営)、
IZAM自身は高校時代バレーボールで活躍、
実業団からの入団のオファーもあった。

インディーズ時代の名前は「IZANE」。
名前の由来は「十六夜」から。

愛称は「ビッグマグナム」。


1993年に新宿で知り合ったメンバーとヴィジュアル系バンドの「SHAZNA」を結成。
ボーカリストとして活躍。

1997年にシングル「Melty Love」でメジャーデビュー。
同年、一風堂の「すみれ September Love」をカバー。

1999年2月、吉川ひなのと結婚するが、同年9月に離婚。

1999年4月TVK番組saku saku morning callのMCになる際に予算がない旨を言い渡され、
せめて人形と司会をさせてくれと言ったことからフトモモが誕生、
後の増田ジゴロウや白井ヴィンセント登場に繋がるsaku sakuの路線を決定してしまった。

2000年10月にバンドを活動休止、ソロアーティストとして活躍。
他分野にも活動を広げる。
堤幸彦監督作品の映画「チャイニーズ・ディナー」(2000年)「溺れる魚」(2001年)に俳優として出演。

2001年に日本映画批評家大賞新人賞。
2002年には初の執筆小説『ミラー・ボーイ』を出版。

2005年、テレビ番組「(秘)ひらめ筋」でトリノオリンピック出場を目指してスケルトンに一から挑戦した。
しかしオリンピック出場は果たせなかったばかりか、直前に行われた国内大会を土壇場でキャンセルし、
関係者らの失笑を買った。

2006年6月、SHAZNAがデビュー9年を期に6年ぶりの活動再開を発表、
IZAMはそのトレードマークであった女装を封印する決断をした。

2006年11月、タレントの吉岡美穂とできちゃった結婚。吉岡は当時妊娠3ヶ月。

2007年4月17日、午前6時6分、3,066gグラムの男児(第一子)が誕生。


IZAMオフィシャル☆ブログ☆IZAMANIA
posted by タレントウェブログ調査隊 at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年04月23日

TERUのウェブログ

TERU
TERU
(テル、本名:小橋照彦(こばし てるひこ)、1971年6月8日 - )

GLAYのボーカル。
北海道函館市出身。
北海道函館商業高等学校卒業。

血液型はO型。
愛称は「てっこ」。


兄弟は姉1人と妹1人。
趣味は料理。 

現在の妻はパフィーの大貫亜美、
それ以前に1度、バンドのファンだった女性と結婚している。

天然ボケから迷言が多く、
ファンの間では「TERU語録」として親しまれている。

小さい頃鳥に襲われた経験から鳥が苦手になり、
音楽番組で「シングルのPV撮影で腕に鷹を乗せる場面はとても怖かった」と話している。

普段から温和な性格で親しまれ、
アマチュア時代にはメンバーが風邪を引いたりするとうなぎを買ってきて
ドアにこっそりかけてくれるというエピソードもある。
しかし夏だったためにうなぎが腐ってしまい誰かの嫌がらせかとTAKUROは思ったらしい。

唐揚げが大好きで、唐揚げのことを「鳥料理の王様だ」と言っている。
高校時代のお弁当は365日毎日唐揚げだった(本人談)。

感動屋で涙もろい一面もある。
だがタイタニックではなぜか、手を広げているあの有名なシーンで泣いたらしい。
ちなみにそのとき、なぜか「飛んでるよぉ〜!」と言いながら号泣したらしい。


TERU ME NIGHT WEB SITE
posted by タレントウェブログ調査隊 at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年04月22日

AAA(トリプル・エー)のウェブログ

AAA(トリプル・エー)
AAA(トリプル・エー)

エイベックス(avex trax)所属。
プロデューサーはMAX MATSUURA。

グループ名は、Attack All Around(アタック・オール・アラウンド)を略したもの。

CDデビュー前からa-nation'05などに出演。
浜崎あゆみ・鈴木亜美のバックダンサーを務めた男性メンバーも。

2005年、第47回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。
メジャーデビューから3か月足らずの快挙。

アクティブな歌とダンス、
チームワークを十分に発揮した高度なパフォーマンスを披露したことが評価され、受賞。



メンバー

男性

西島 隆弘(にしじま たかひろ・1986年9月30日 - )北海道出身。
浦田 直也(うらた なおや・1982年11月10日 - )東京都出身。
日高 光啓(ひだか みつひろ・1986年12月12日 - )千葉県出身。
與 真司郎(あたえ しんじろう・1988年11月26日 - )京都府出身。
末吉 秀太(すえよし しゅうた・1986年12月11日 - )長崎県出身。


女性

宇野 実彩子(うの みさこ・1986年7月16日 - )東京都出身。
後藤 友香里(ごとう ゆかり・1988年1月14日 - )東京都出身。
伊藤 千晃(いとう ちあき・1987年1月10日 - )愛知県出身。


AAA(トリプル・エー)
posted by タレントウェブログ調査隊 at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年03月14日

小栗旬のウェブログ

小栗旬
(おぐり しゅん、1982年12月26日 - )

東京都小平市出身。

血液型:O型、
身長:183cm、体重:62s、靴:27.5cm、
趣味:音楽鑑賞

父・小栗哲家(てつや)は舞台監督。
兄・小栗了は父の仕事を手伝いながら俳優業もこなしている。
(「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」(2005年)、「間違いの喜劇」(2006年)で共演している。)

小学校6年の時、内田有紀と共演したいという理由から児童劇団に入団、子役エキストラからスタート。

芸能界との二重生活に苦しみ、明星学園高等学校を中退。
しかし卒業式には友人らと共に紛れ込み、卒業写真にも写っている。

単発やゲスト出演などを経て『GTO』のいじめられ役で連ドラ初レギュラー。
「しあわせ家族計画」で映画初出演。

左利き。
大の阪神タイガースファン。
「中目黒上腕二頭筋」という野球チームに所属。

2006年3月時点で松嶋菜々子との共演が多い。
映画初出演後、しばらく仕事から遠ざかっていたが、『Summer Snow』の耳の不自由な弟役で復帰。

『ごくせん』で注目され、その後、数々の舞台、映画、ドラマに出演。

『花より男子』の花沢類役。

『名探偵コナン10周年ドラマスペシャル「工藤新一への挑戦状〜さよならまでの序章(プロローグ)〜」』では工藤新一役に決定。
この配役は、原作者青山剛昌の「新一は小栗君が似合うのではないか」という提案によるもの。

2006年、蜷川幸雄演出による「タイタス・アンドロニカス」のエアロン役で、
7月のイギリス公演において、スタンディングオベーションの快挙を成し遂げる。


小栗旬 OFFICIAL WEB SITE Diary
posted by タレントウェブログ調査隊 at 05:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年03月07日

石田千尋のウェブログ

石田千尋


石田流陰陽道開祖。

陰陽師の始祖として知られる「張道陵」の流れをくむ陰陽師。

陰陽道に加え、易・宿曜道・九星・二十八宿などの数多くの占いに精通。

「人生アドバイザー」としても活躍中。


陰陽師 石田千尋の平成徒然草
posted by タレントウェブログ調査隊 at 06:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年03月05日

水道橋博士のウェブログ

水道橋博士
(すいどうばしはかせ)
本名:小野 正芳(おの まさよし)
(1962年8月18日 - )

「浅草キッド」のメンバー。
オフィス北野所属。

漫才・コントのほか俳優活動、ライターとして雑誌にコラムやエッセイの執筆なども行い、
その文章力には定評がある。

岡山県倉敷市出身。
岡山大学教育学部附属中学時代の同級生に甲本ヒロトがいる。
(余談だが、私の先輩に当たる)

岡山県立倉敷青陵高等学校卒業後、
明治大学経営学部を入学から4日で中退した後、
1986年ビートたけしに弟子入り、浅草フランス座で修業を積む。

翌1987年玉袋筋太郎と浅草キッドを結成。

1996年10月に、道路交通法違反で書類送検、
略式起訴、罰金10万円。4ヶ月の間謹慎して芸能活動を自粛する。

運転免許証を紛失したと偽り、不正に再交付を受け、
本来、紛失したとして免許証の再交付を受けた後、
紛失した免許証が見つかった場合、古い方を返納する義務があるが、
それを行なわなかったため。

運転免許証の写真を笑えるものにするというたけし軍団内のお遊びで、
水道橋博士は3年に1度の免許更新を待ちきれずに紛失したと偽って免許証を3度再取得。
免許証交付時には1ヶ月前から風貌を変える準備をし、
まるで変装したかのような写真を免許証で使っていた。

謹慎期間中の1997年にパソコンとインターネットを独学で学び公式サイトを開設。
芸能人の中では早い部類に入る。

ファンの間では、同性愛者という噂もあったが、2007年現在は二人の子供がいる。


芸名

メガネを掛けた風貌が「博士」風であり、
明治大学に通って居たために本来は最寄り駅がお茶の水であるが「ひとつ手前でいいや」
(JR中央線御茶ノ水駅の隣駅である水道橋駅から)とたけしの判断から。

資格宅地建物取引主任者。
時折テレビ番組の不動産特集に解説者として出演することもある。

テレビ朝日制作のクイズ番組『タイムショック21』で、
あまりにも正解数が悪く、回転したため、
正月スペシャルの番組内で芸名を水道橋バカセや水道バカと呼称されたことがある(次の回にて汚名返上した)。

しかし、本来はクイズ番組の実力はトップクラスで、
「ウィーケストリンク」では正解率100%、
「平成教育予備校」では最優秀生徒になった実績がある。

健康になるまでの体験や秘訣を2006年の著書『博士の異常な健康』のなかで明らかにしている。

スキー場での人間サイコロ(発泡スチロール製の大型サイコロの中に人間が入ったもの)に挑戦した際、
途中でサイコロのフタが開き外に身体が投げ出され、
結果として椎間板ヘルニアを患うことに。

ただし、この一件以降、博士は「ガンバルマン」のコーナーの辞退を余儀なくされ、
たけし軍団の力仕事からは一線を退かざるを得なくなってしまった。

スリーピースバンド、サンボマスターと交流があり、
2005年の年賀状ではサンボマスターのメンバーとの4ショット写真を載せていた。

オウム真理教道場建設予定地事件 - ダンカンが首謀者として引き起こした。

小学生時代には自転車の乗り方コンテストの県大会に優勝し、岡山県代表として全国大会に出場した。




水道橋博士の「博士の悪童日記」
posted by タレントウェブログ調査隊 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年03月04日

生茶パンダのウェブログ

キリンビバレッジ社の緑茶「生茶」のマスコット。


形状は、パンダ型のパペット。
初出は2003年3月の同製品のCM。
以後、度々同製品のCMに出演している。

パペットは同製品の懸賞の賞品にもなっている。
また、数多くの偽造品も作られた。

2006年2月から、キリンビバレッジの展開する通販サイト「Markers」で、
かつてのプレミアムやゴルフグッズなどのオリジナル商品が発売されている。



キリン生茶パンダ公式ブログ
posted by タレントウェブログ調査隊 at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年03月03日

黒田アーサーのウェブログ

黒田アーサー
(くろだアーサー、1961年2月1日 - )

アメリカ合衆国サンフランシスコ生まれ
俳優。
血液型はO型。
出生地の関係で国籍はアメリカ合衆国。


明治大学卒業。
1982年、21歳の時にテレビドラマ「名犬ゴローの冒険 ビバ!カナダ」で俳優デビュー。

1983年、「欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子」で「普通の下宿人」に扮し、
西洋的な雰囲気と甘いマスクでブレイク。


結婚経験はない。

「アメリカでの生活が長かったから痛感するのだが、アメリカ、そして最近の日本の女性は悪い意味で自己主張が強くて…。」
と独身が続いている理由を本人は語っている。

2005年4月、3年間交際した女優・安達祐実と破局。
しばらくして、安達はスピードワゴン・井戸田潤とできちゃった結婚。
黒田も一般人女性との交際が週刊誌に報じられた。

姉はたまな めいの芸名で、
1979年〜1982年と短期間ではあったが宝塚歌劇団に在籍していた。
姉もアーサーと同じくアメリカで出生・国籍をおいていた。

妹はキャロライン洋子。

『芸恋リアル』で番組MCのユンソナに告白したが、泣きながら断わられた。

マイケル富岡とは友達で
『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングで呼ばれたことがある。


黒田アーサーのWhat's Up ?
posted by タレントウェブログ調査隊 at 06:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年02月27日

浅倉一男のウェブログ

浅倉一男
(あさくら かずお、1982年7月24日 - )
歌手、俳優。
東京俳優生活協同組合所属。
元ジャニーズ事務所所属。

出身は埼玉県川口市。
身長は173cmで体重は60s。


かつては本名の浜田一男として滝沢秀明らとともにジャニーズJr.のリーダー格で活躍していたが、
写真週刊誌FRIDAYに、穴沢真啓、大坂俊介、尾身和樹とともに、ある不祥事を掲載され、
事務所を解雇された。

現在はメジャーデビューを目指し歌手として活動しながらも舞台俳優としても活動している。


浅倉一男のMonologue
posted by タレントウェブログ調査隊 at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年02月24日

おすぎのウェブログ

おすぎ
(本名:杉浦 孝昭(すぎうら たかあき)
1945年(昭和20年)1月18日 - )

タレント・映画評論家。
神奈川県横浜市保土ケ谷区出身。

横浜市立桜丘高等学校、阿佐ヶ谷美術専門学校を卒業。
ファッション評論家のピーコは一卵性双生児の兄。

「おすぎ」の芸名は本名の杉浦から。
オカマキャラを全面に出して1975年のテレビ・ラジオデビュー以来、芸能界の第一線で活躍している
(実際の芸能界入りはデビュー前の銀座の歌舞伎座系列の『歌舞伎座テレビ室(今でいうとテレビ番組のプロダクション)』のテレビ映画の制作進行補が最初との事)

その後『うるとらマンボウ』『おすぎとコージのあぶない関係』にレギュラー出演するようになり、
それ以来KBCには恩義があるのか、
再び売れっ子になった今でも毎週日〜月曜日(スケジュールや気象状況を考慮して土曜から入る場合も有り)は福岡に通っている
(当時から現在まで、KBCアナウンス部及びラジオ制作部には「おすぎお世話係」なるものが存在している)

福岡関連で福岡放送制作の全国ネット番組『所的蛇足講座』に出演したことで全国ネットに久々に出演。
同時期をピーコはファッション評論家の仕事メインで活動していたが、
『SMAP×SMAP』での中居正広の物真似であるヒーコの影響から再ブレイクし、
『おすぎとピーコ』のパッケージとして再びお茶の間にお馴染みとなった。

毎週レギュラーを持つほど福岡での仕事が多い為、福岡ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の大ファンであり、
特に川崎宗則を「ソウくん」、新垣渚を「なぎさ」と呼んで可愛がっている。

現在、木曜日レギュラー(2006年春より)の『森田一義アワー 笑っていいとも!』
2006年秋からは自身より古株の出演曜日レギュラー(木曜日)が笑福亭鶴瓶しかいなくなったこともあって、
腹を括ったのかステージ中央の鶴瓶の隣に立つようになった。

またレギュラー出演以前の『笑っていいとも!』以前、
自らレギュラー出演していた『爆笑おすピー大問題!!』で自身のAA(アスキーアート)が紹介され、おすぎはこれを絶賛。

キネマ旬報に寄稿しなくなった理由は不明だが、
キネマ旬報のGW特集(1993年5月)以後、1996年6月までの3年間、おすぎは映画評論活動をしていなかった。

淀川長治との共著が多数ある。

映画のCMにナレーションとして出演することが多いが、
「映画評論家」という本職であり、映画を公平な立場から批評すべきであるにもかかわらず、
特定の映画のCMに高額のギャラを払われて出演するのは問題だと、ビートたけし(北野武)など一部から批判を受けている。

好き嫌いという尺度でしか映画を語れない彼は、映画評論家とは言えないなどの批判も存在する(本人も自覚しているようである)。


おすぎのシネマ言いたい放題
posted by タレントウェブログ調査隊 at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年02月23日

ガチャピンのウェブログ

ガチャピン
(生年不詳4月2日 - )

フジテレビ系『ひらけ!ポンキッキ』『ポンキッキーズ』
『ポンキッキーズ21』『ガチャガチャポン!』『ポンキッキ』に出演するキャラクター
南国生まれの恐竜の男の子供。
体は緑色である。

年齢は永遠の5歳。
身長は165cm、体重は80kg。

初代の声優は矢沢邦江、
現在の声優は雨宮玖二子。


イエティのムックとコンビを組む。

片桐襄二氏(日本ソフト映像倶楽部社長)が原案・デザインし、
眠たげで穏やかなその表情は、同番組を制作した日本テレワークの当時社長野田昌宏ビートルズのポール・マッカートニーがモデルだという噂もあったが、
後にデマであると公表されている

『ひらけ!ポンキッキ』放送初期では「船長」が南の島から持ってきた卵から生まれたという設定で、
のんびりとした内気な性格であった。

その後、行動的なスポーツマンという性格が前面に押し出されるようになり、
番組内でスキー、ロッククライミング、ハンググライダー、スクーバダイビング、空手(極真空手初段)、
体操、ボウリング、フィギュアスケート、果ては宇宙飛行にまで挑戦しているが、どのスポーツも非常にうまい。

地球環境問題に興味を持っており、宇宙飛行を決意したのもこれがきっかけと語る。
設定では両手首に7個ずつあるエネルギーボールが勇気と力の源とされている。

番組内の曲「2100ねん ガチャピンキッド」では地球の危機が迫った時の正義のヒーロー「ガチャピンキッド」に変身している。

『ガチャガチャポン!』では「友情出演」としてバーのマスター役でレギュラー出演し、
キャラクターのガチャパン!からは「師匠」と呼ばれていた。

ムックと共に、フジテレビの各バラエティー番組『笑っていいとも!』にゲスト出演した際に、
中居正広から手首のボールをイボだと思われたことがある。

2006年8月30日の『同年10月23日の『SMAP×SMAP』では、特注のボールを用いて「ルーレットボウリング」に参加した。

1992年5月5日にはNHK「おかあさんといっしょ」のコンサートにムックと共にゲスト出演、
にこにこぷんのキャラクターと共演した事がある。
2007年1月には小西真奈美主演のTBS系ドラマ「きらきら研修医」にゲスト出演・ドラマデビューをした。

また、ニッポン放送、TBSラジオ、文化放送ラジオ番組にもゲスト出演したこともある。

1998年にビッグコミックスピリッツ連載「おごってジャンケン隊」(現代洋子・著)にムックと共に出演したときに、
お小遣いが月50円であると述べている。

2006年7月からウェブログを開始(下部リンク参照)するなど、
スポーツだけではなくいろいろな分野で多彩な才能を発揮している。
意外にも新しい物と流行に敏感のようでよくブログに記事として書いている。

1975年にガチャピンは「たべちゃうぞ」という歌を歌っている(シングルレコードは1975年4月発売)。
「親の言う事を聞かない子は食べちゃうぞ」という内容で、本来は親から子への優しい視線をユーモラスに折り込んだ詞だが、
やはり視聴者から「怖い」などといった反発や苦情が多く、わずか一週間で放送中止になった。

なお、「たべちゃうぞ」は2003年に「トリビアの泉」で紹介された事で「ガチャピンが子供を食べようとする歌」として
再び知られるようになったが、当時のアニメ映像では全く別の怪獣が出ていたため、厳密に言うとこの表現は適切ではない。

Tシャツブランド「ice-mix」より、ガチャピンの体をあしらったデザインのコラボTシャツ「ガチャT」が販売されている。
また、「ガチャピンパーカー」も販売されている。

2005年12月にはタツノコプロパロディキャラクター科学忍者隊ガッチャピンがキャラクターグッズとしてリリースされる。

2006年9月14日、バンダイネットワークス株式会社は、清涼飲料水“ガ茶”(緑茶・2種類)の受注開始を発表した。

2006年冬、タワーレコードがウィンターセールのキャンペーンキャラクターとしてガチャピン・ムックを起用し、
コラボグッズが販売された。


ガチャピン日記
posted by タレントウェブログ調査隊 at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年02月22日

KABA.ちゃんのウェブログ

KABA.ちゃん
(カバちゃん、本名:椛島 永次(かばしま えいじ)、1969年6月19日 - )

福岡県柳川市生まれ
日本の振付師、タレント。

血液型はA型。
熊本県立熊本北高等学校中退。
慶應義塾大学環境情報学部卒業。
アンセム所属。


高校を中退後、ダンサーを目指し単身上京。
しかし、世界トップレベルで学びたいとニューヨークへのダンス留学を決意。
ハイスクールに通いながらハリウッドスターも通う一流ダンス教室で学ぶ。
この時、同居男性に600万円を貢ぐものの相手に香港人の彼氏ができてしまう。

安室の小室哲哉初期のヒット曲の殆どや、2003年に発売されたSMAPの曲『世界に一つだけの花』の振付を担当。

dos時代、話すとついオカマのキャラクターが出てしまうため、事務所サイドから緘口令を敷かれていたという。
そのため『笑っていいとも!』の名物コーナー「テレフォンショッキング」にも、他の2人のメンバーは出演したが、
本人だけ「風邪」という理由で欠席したほど。

2001年に、BSフジで放送された『鈴木あみのアイドルダウンロードショー』では本名の椛島永次でゲスト出演。
出演アイドルに振り付けを教える企画で、アイドルにオネエ言葉で厳しく指導するシーンが放送され、
すでにオカマキャラ(女は嫌)の片鱗を見せつけた。

『踊る!さんま御殿!!』などのバラエティ番組にてゲイであることをカミングアウトし、
以降『笑っていいとも!』など、バラエティに次々と進出。

2004年7月7日に、女性タレントの千秋とのデュエットCD『つらいね赤ちゃん!/最近ハヤリのメイク歌』を
「千秋 with KABA.ちゃん」のアーティストネームでリリースした。
「最近〜」は、アニメ『とっとこハム太郎』のエンディング曲になっていたが、
ハム太郎のファンサイトでは評判が悪かったらしい。

本人曰く、好きな芸能人は乙葉。
彼女が藤井隆と結婚した後も乙葉のファンを熱心に続ける。

現在は振り付け師、タレント活動の他、to be candidateというゲイだけのユニットに携わっており、
プロデューサーとしてメンバー達を育成中である。

オカマキャラの割りには自称「イケメン振り付け師」であり、
賢いイケメンをイメージした「イケメンダンス」や、棒を使って光栄を意味する「光栄のダンス」を披露した時もある。

以前、現在お笑い芸人であるマイケルにダンスを教えていた。
当時、マイケルに本気で恋してしまい告白。
その後KABA.ちゃんは、マイケルに対する態度を豹変、スパルタ指導を繰り返したという(後に和解したらしい)。

母親は放浪癖があり何度も家出している。
とある全国ネットの番組の実家訪問コーナーでKABA.ちゃんの実家が放映された際に
KABA.ちゃんはいつもの陽気な感じで兄弟や父親を紹介するも、
KABA.ちゃん本人が撮影するホームビデオに母が映ったのは一瞬であり、現在でもかなりの確執があると思われる。

所属事務所アンセムの公式ブログには、
以前レイザーラモンHGとのツーショットが掲載されていた。

中日ドラゴンズの投手、佐藤充が「カバちゃん」と呼ばれるほどに自分に似ていることについて、
2006年6月21日付の中日スポーツの一面で
「自分も(佐藤投手が自分に)似ていると思っていた。佐藤投手には一度お会いしてお話したい」と語り、
交流戦での彼の活躍を称えるとともに佐藤投手にエールを贈った。


☆KABA.ちゃんのKABAR GIRL☆
posted by タレントウェブログ調査隊 at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年02月20日

城咲仁のウェブログ

城咲仁
(しろさき じん、1977年9月23日-)

サンミュージック所属。
身長は177.5cm、血液型B型。
東京都板橋区出身。
本名:岡山 純一(おかやま じゅんいち)。
元ホスト。


新宿・歌舞伎町のホストクラブ「クラブ愛」において5年間No.1ホストを務め、
カリスマホストとして数多くのテレビ番組に出演。
ホスト時代から全国にその名を知られる有名人であり、当時の年収は1億円を超えていた。

2005年初頭に突然ホストを引退し、同年タレントに転身。
タレント転進後はサンミュージックに所属、バラエティー番組を中心に活動。

2006年6月21日、酒井政利プロデュースによりフォーリーブスのカバー曲「ブルドッグ」で歌手デビュー。

剛柔流空手初段。

特技は料理。
「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日系)の1ヶ月1万円節約バトルでは、
かつてイタリアンレストラン「オリーブの木」の厨房で働いていた腕前を生かした節約料理が披露、
対戦相手のほっしゃん。に勝利。

猫ひろしと仲が良い。

ホスト時代に女性客から4LDKのマンションや現金2000万円をプレゼントされたことがあるが、実際は受け取らなかった。

芸能界に入ってもあまり携帯電話に掛かって来ず、
事務所とマネージャーと猫ひろしからしか掛かってこないらしい。

三半規管が弱い為、乗り物酔いをしやすい体質。


城咲仁 オフィシャルブログ『gracias』
posted by タレントウェブログ調査隊 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年02月09日

風見しんごのウェブログ

風見しんご
(かざみ しんご、1962年10月10日 - )
タレント、歌手。

広島県広島市西区己斐(こい)出身。
本名は大下義博。
成蹊大学工学部中退。

当初の芸名は「風見慎吾」。


地元の町工場を経営する父の影響でエンジニアを目指し、広島学院中学校・高等学校に進学。
周囲からは地元広島の大学を勧められたが、芸能デビューのために東京の成蹊大学に進学する。

「劇男一世風靡」の前身「劇男零心会」のメンバーとして活躍(劇男零心会に参加していたが劇男一世風靡には参加していない)。
振り付けに取り入れ話題を呼ぶ。

ナインティナインの岡村隆史やガレッジセールもリスペクトする存在と語ったことがある。
またこれ以前の歌のダンスは、あくまで歌の振り付けであったが、この曲はダンスに歌が付いている、
といえる程大胆にダンスを取り入れており、ここまでの楽曲はこれ以前になく、
このため今日隆盛を極めるダンスミュージックの先駆者、としての評価もある。

あまりのダンスの激しさに生歌は不可能でたいてい口パクだったが、当時の演奏事情から、
止むを得ず生歌にすると息も絶え絶えで歌が聞き取れない事があった。

『泣き虫チャチャ』は自身の6曲目『泣き虫チャチャの物語』がテーマ曲。

現在は『伊東家の食卓』などのバラエティ番組やドラマに出演している。

試合を観戦に来ていた当時中学生の風見がこの騒ぎに乗じて中日の星野仙一に砂をかけたという。
後年風見が『ザ・ベストテン』に出演した際、スタジオから星野(当時中日監督)に生電話をかけてこの時の話をすると、
星野は「あんときのガキゃぁお前じゃったんか!!(あのときのガキはお前だったのか!!)」と答えた。

2007年1月17日、当時10歳で小学5年生の長女が通学途中、
自動車にはねられ、病院に送られたが死亡した。


タレント風見しんごblog「しんごトーク」
posted by タレントウェブログ調査隊 at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ
2007年02月01日

南海キャンディーズのウェブログ

南海キャンディーズ
(なんかいキャンディーズ)

吉本興業に所属
漫才コンビ。


山里亮太
(やまさと りょうた、1977年4月14日 - )
ツッコミ担当。
立ち位置は向かって左。
通称山ちゃん。


山崎静代
(やまさき しずよ、1979年2月4日 - )
ボケ担当。
立ち位置は向かって右。
通称しずちゃん。

現在は両名とも、テレビの字幕でも通称で書かれる事が多く、ほぼ芸名に等しくなっている。



いつも無表情でシュールなしずちゃんのボソッと語るボケを山ちゃんが戸惑うもどうにか理解してツッコむ。
そのボキャブラリーの広さは評価が高い。
最後はしずちゃんのボケに耐えかねた山ちゃんが「もぅー!」とブチ切れてネタが終わるか、
もしくは山ちゃんのツッコミから静かに一礼、という流れで終わる。

独特の漫才は高い評価を得て2004年のM-1グランプリで準優勝。
しかし、翌2005年は決勝進出コンビ中最下位の9位であった。

因みに2004年の漫才をダウンタウン・松本人志は
決勝1回戦と最終決勝のネタのクオリティ差を挙げ「ネタの出来に差があるということは、面白いことと、そうでないことがまだきちんと分かっていない」
「決勝用のネタと言うものを分かっていない」「あれでは優勝できない」と批評した
(因み松本は先輩の島田紳助が不祥事を起して自粛していたのに合わせ「裏番組に相方(浜田雅功)が出ているから」との理由で自身も2004年は出演を自粛。
くりぃむしちゅー・有田哲平とテレビで視聴していた)。

当初「すずらん」と言うコンビ名だったが札幌吉本に同名のコンビがいたためコンビ名を変更する際、
2人が可愛いと思う言葉を1つずつ出すことになった。
山ちゃんは「キャンディーズ」、しずちゃんは「南海」を可愛い言葉として出したため、ザ・プラン9のなだぎ武の提案で2つの言葉を繋げ「南海キャンディーズ」となったという。

このことについては「クイズマジックアカデミー3」の芸能連想問題でも出題された。
(但し「ザ・プラン9が命名」と書かれている。)

お笑いコンビ「足軽エンペラー」解散後、ピン芸人「イタリア人」として活動していたが鳴かず飛ばずだった山里が、
当時「山崎二宮」として活動していた山崎をケーキバイキングに誘い、
自分で考えた漫才のネタを書いたノートを渡しコンビ結成を誘う。

山崎は当初告白されると思い戸惑いながらノートを読むが字が下手だったため「顔も字も気持ち悪い」と思ったらしい。
しかし、当時の相方二宮が男前でネタに集中できなかったが山里ならその心配はない
(「生理的に受け付けないルックス」とまでTVで公言している)と考えコンビを結成した。

山ちゃんはコンビ結成後もネタを書いたノートを保管し続け現在は何十冊にも及ぶ。
結成当初は漫才の最後に山ちゃんが「もうええわ」と言って終わっていたが次第に標準語のみになっている。



2004年 第25回ABCお笑い新人グランプリ 優秀新人賞
2004年 第4回M-1グランプリ決勝進出 2位 ※結成から決勝進出最短記録(結成1年)
2005年 第40回上方漫才大賞 優秀新人賞
2005年 第5回M-1グランプリ決勝進出 9位
2005年 第43回ゴールデン・アロー賞 新人賞


南海キャンディーズの山ちゃん(山里亮太)のブログ
posted by タレントウェブログ調査隊 at 05:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ〜な行 男性タレントのウェブログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。